急行の停車する駅⑱ 近鉄奈良線石切駅

久しぶりの急行編です。 奈良線で東大阪市の東の端にあるのが石切駅です 写真は、三宮行き快速急行がこう配を下りてゆくところです ホームは2面4線で、運用的には快速急行の退避と、急行ー普通の緩急接続の両方の役割をこなします 改札口は2箇所あり、ホーム中央部の橋上タイプがこちら。 橋の幅自体広くなく、共用通路もあり東西の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新快速の停車する駅③ JR神戸線芦屋駅

関西屈指の高級住宅街です 山の手側に、バスターミナルなどがあります JR西の標準的な橋上駅の構造です 南北(海側・山の手側)を結ぶ、共用通路内に、券売機・改札口があります 駅の構成は2面4線+通過線2線で、 新快速は通過線から渡り線を経て、外側のホームへ入り、普通車と緩急接続 することが多いです 神戸方面です…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

山陽電鉄を行く①  妻鹿駅

関西の大手以外の私鉄。 この間、脱線事故があり少し知名度が上がりました この駅名はインパクトがあり、 メガ牛丼やムスカのセリフ「目が・・・・」を思い起こしてしまいます ホームはこじんまりしており2面2線有効長4両です。 現在ホーム改良工事の最中です 改札口は、姫路行きホームの姫路方の端にあり、神戸行きは構内踏切を渡り…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

区間準急の停車する駅① 近鉄奈良線 額田駅

列車種別を新たに追加しました。 近鉄奈良線と大阪線にしかないものです。 おおむね、昼間の時間帯に運行され、各駅停車の運行区間の短縮化に寄与しています 生駒の山裾にある駅で、瓢箪山~石切の急こう配の途中にあります。 なんば方面の改札で、とても簡素な造りです 奈良方面の駅舎です 駅構造は2面2線6両対応ですが、傾斜…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

準急の停車する駅vol.27 京阪本線藤森駅

京都市伏見区 洛南に位置するのどかな駅。 駅中心の真上を名神高速がクロスする、平面の2面2線 のごく普通の駅です 駅入り口に張り付けている、案内図です 大阪方面行きホームの券売機です 毎時6本の運行があり、内2本が準急の設定です 普通車も、途中で特急に連絡します
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新快速の停車する駅② JR赤穂線播州赤穂駅

JR西日本 アーバンネットワークの端の駅。 新快速は姫路以西各駅停車になりますが、その末端にあたります 2年ほど前のPHOTOです 備前片上方面の線路です。 西へゆくには、この駅で乗り換えが必要です 駅の構成は2面3線で、その1面の島式ホームにて対面で乗り換えができます 1番線は姫路方面への折り返しで使われているよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

各駅停車でしか行けない駅vol.57 近鉄奈良線八戸ノ里駅

近鉄奈良線も各停のみ止まる駅も数少なくなりました。その中で、待避線のある2面4線6両編成対応の構成です。 阪神車の奈良行き快速急行が通過するところです ホームは3階で、1階面の改札口の柱に、近鉄バスの乗換案内の電光パネルがあります 改札は1か所で、幹線道路に面しています。 高校や大学の最寄り駅として通学時間帯は賑わいま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

快速の停車する駅⑬ JR神戸線 元町駅

神戸市の繁華街、三宮と神戸の間にあるレトロな雰囲気の駅。 2面4線12両対応の構成です 駅中の階段踊リ場に、オブジェがあります 南京町まで徒歩4,5分です 三宮と比べればこじんまりした、改札です 大阪との特定運賃区間にあたるので、大阪までは運賃が安く設定されています。 大阪以遠の駅では、大阪で一度降りた方が安…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

各駅停車でしか行けない駅vol.56 JR京都線 東淀川駅

新大阪駅の隣駅。新幹線ができた時に、新大阪駅が開業したので 駅間の短い事になりました その名の通り、東淀川区にあるこじんまりした駅です 改札が東と西の2箇所にあり、地下通路で行き来します 地下通路への階段は、ホームの京都方の端に エレベータ通路がホーム真ん中にあります 地下通路は1.5人幅程の自由通路を柵で分けて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新快速の停車する駅① JR神戸線加古川駅

「新快速」種別を新設しました。 新快速に乗ることも多くなったのでぼちぼちとUPします 明石と姫路の中間に位置する加古川市の中心駅 高架駅できれいな駅です ホームは3面6線で、神戸線上り、下りと加古川線で、それぞれ島式ホームがあります 新快速と普通の緩急接続駅です JR西日本アーバンネットワークの主力 223系225…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ザ・終着駅vol.28 京阪宇治線 宇治駅

洛南の 観光地宇治の玄関口 JR宇治駅とは少し離れています ホーム構成は頭端式1面2線の真新しい駅です 電車も、新型のものが走っています コンコースも京阪仕様の小奇麗な作りです 三条まで320円、京橋390円となっています 京阪さんは、運賃がやすい! 駅前には、タクシー乗り場とバスターミナルがあります。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

快速の停車する駅⑫ JR神戸線 兵庫駅

神戸市にある、昭和レトロを感じさせる駅 改札口の前の通路が南北の自由通路ですが 看板記載の状態です 高架下の駅で、荘厳な柱が目につきます 和田岬行きの乗り場が海側の階段踊リ場で分岐しています 昼間に行ったのでしまっていました JRのこの区間は新快速のイメージが強いのですが 快速も昼間の時間帯にも15分ヘッド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

区間急行の停車する駅⑥ 京阪本線 西三荘駅

京阪の列車種別って、区間急行と準急の間柄が他の私鉄とちがっています 京阪 :速達度  準急>区間急行 近鉄・南海・阪神 :速達度  区間急行>準急                    色は、南海の種別カラ―  京阪では区間急行の通過駅は、野江~土居間で それ以外駅には停車します  当駅、西三荘は守口市駅の京都側の隣駅にあ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

大阪環状線を行く⑰ 今宮駅

大阪環状線で一番歴史の浅い駅。 元々関西本線だけの駅でしたが、環状線にもホームを付けました 改札口が1階面で、案内板が階段の踊り場にあります こちらの線路が関西本線で、隣駅JR難波が地下駅なので高低差がかなりあります 環状線は、後からホームを作ったので、2階建で外回り(西九条方面)が下の階、 内回り(天王寺方面)が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪環状線を行く⑯ 弁天町駅

大阪環状線で一番西にある駅。 2面2線8両対応の構成 内回り線のホームには立ち食いうどんの店があります ホームの両端に改札口があります 大阪駅方面にあるのが北口 改札の規模は小ぶりです 北口の外観です 天王寺方面の南口の改札です 地下鉄の乗り換え口や、交通科学博物館の入口と連絡していて こちら側が表玄関の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

区間急行の停車する駅⑤ 阪神本線 千船駅

平日の朝ラッシュ時に設定されている区間急行は、梅田~甲子園に運行されその停車駅である。 そのほかの時間は、普通車のみの設定で、直通特急の退避があります 神戸行きの時刻表 ホームの下が改札口です 大阪市西淀川区の中心駅のようで、利用客は多いようです 改札口と同じフロアに商店街が形成されています 駅の周りも商…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

各駅停車でしか行けない駅vol.55 JR大和路線 柏原駅

大阪府柏原(かしわら)市 のJR側の中心駅です。  関西の駅ではほかに柏原で「かいばら」という駅が福知山線にあります 駅構成は、2面4線で 快速電車の退避が行われます 真新しい、橋上駅で共用通路に改札と切符売り場があります 近鉄の駅も兼ねているので、近鉄の券売機も並んでいます 平日の朝に3本、当駅始発のJR難波…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

各駅停車でしか行けない駅vol.54 阪神本線 淀川駅

阪神本線の大阪市内 淀川の左岸にある駅です 1階に改札口があり、2階がホームです 近くに大阪市下水道博物館があります コンコースに鉄骨のモニュメントがあります ホームは2面2線です カーブの途中に駅があるので、かなりカントが利いてます ホームとの隙間が広いところがあるので注意が必要です
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザ・終着駅vol.27 阪神本線 梅田駅

阪神梅田駅1番線のエンド部です その先に駅長室があります 頭端式ホーム5面4線、有効長6両の構成で、ホームに新聞・雑誌の売り場があります 梅田地域では、一番のどかな駅のように思います データイムは1時間当たり、特急・急行・普通がそれぞれ6本運行されます 地下駅であることから、ホームスペースはそれほど広くありませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

準急の停車する駅vol.26 阪急京都本線 上新庄駅

阪急京都本線淡路駅の隣駅。2面2線構成の高架駅です。 梅田行きと地下鉄天下茶屋行きの2系統の電車が発着します 日中も10分ヘッドで準急が運行されています ホームの両端に改札口があります。こちらは京都側のものです 梅田側の改札出口に、大阪市営バスの停留所や、各種商店があり こちらが表玄関のようです 駅の幅は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

急行の停車する駅⑰ 近鉄吉野線 大阿太駅

吉野線の峠越えにある、近鉄の数少ない秘境駅。 単線区間の、行き違い対応の2面2線有効長4両です 秘境駅ですが駅員もいて、ICカード対応の改札です 木造の小さな駅舎です 駅前から下市口方面の道です。 周りに人家はありません 福神方面の道です。駅前の宅地造成がされていますが家が建っていません この道を行き踏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

準急の停車する駅vol.25 南海高野線 初芝駅

高野線の堺市内の駅です 平日の朝ラッシュ時になんば行きの設定があります ホームは2面2線のオーソドックスな作りです 高野山行きホームに改札口があるので なんば行きは地下道をくぐります ホームには真新しい一人がけのいすが並びます なんば行き時刻表です 平日朝以外は各駅停車のみ止まります
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

各駅停車でしか行けない駅vol.52 近鉄奈良線 今里駅

近鉄のターミナル駅鶴橋の隣駅 奈良線と大阪線の複々線区間で大阪生野区にある駅です ホームの構成は3面4線で写真右手から 奈良行き、高安方面行き、難波行き、上本町行きになります ホームの下の1階面にコンコースがあります 上本町行きホームの真下に、改札口があります 改札を出るとまっすぐに商店街がのびています …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

急行の停車する駅⑯ 近鉄長野線 喜志駅

長野線の古市と富田林の間の駅 こちらは、東側の駅前風景です こちらが西口です 駅の両側にバスターミナルがあり、それぞれに路線バスの 他、大学の送迎バスも運行されています 東と西口は地下通路で結ばれ、長野行きの ホームの下に改札口があります 急行は、平日のみの設定で阿倍野橋行きでは、朝は長野始発で 夕方は富…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

各駅停車でしか行けない駅vol.51 JR阪和線 百舌鳥駅

阪和線快速停車駅三国が丘の一つ和歌山寄りの駅 この駅舎は、天王寺行きホーム方です 踏切を渡ると、和歌山方面行きの改札口です いづれも和歌山方向の端にあります 堺市が観光に力を入れているので 駅出口の案内も充実しています 天王寺行きの時刻表です 昼間は15分ヘッドの運用です 2面2線有効長6両です 構…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

準急の停車する駅vol.24 近鉄南大阪線 磐城駅

奈良県葛城山系のふもとにある駅 近くの長尾神社は、古い街道の終着点です ホームは2面2線ですが、あべの行きホームの裏側に工事車両の係留線があります 大阪あべの橋行き直通準急が昼間の時間帯でも2本/時間あり 古市行き普通も、準急に連絡しています 国道166号線から少しだけ北寄りに駅舎があります あべの起点では準…
トラックバック:0
コメント:31

続きを読むread more

急行の停車する駅⑮ 南海高野線天見駅

年期の入った駅舎の、高野線の大阪府のはずれにある 田舎風ののどかな駅 無人駅で、券売機は1台 なので乗車駅証明書発行機があります 高野山方面の時刻表 赤字で埋まり、急行がメインですが 急行も区間急行も各停であろうが、実質、各駅に停車します ホームは2面2線8両対応です 難波方ホームに改札があるので、高野山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

各駅停車でしか行けない駅vol.50 南海本線住ノ江駅

南海本線の大阪市南端の駅 高架駅で1階は商店街になっています 2階にコンコースがあります 自動券売機が3台あります 改札口です ホームは3階です 2面4線の8両対応です 本線の複々線区間の南端で、電車の本数の多い時間帯は下り普通車は優等列車の通過待ちがあります 上り線の海側に、大きな車庫があります …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザ・終着駅vol.26 JRゆめ咲線 桜島駅

大阪環状線西九条から分岐する支線 USJの最寄り駅ユニバーサルシティの隣の終着駅です 西九条方面です ユニバーサルシティ駅から続く遊歩道が、線路の上に屋根のような構造です 線路の末端です。頭端タイプの1面2線8両対応の駅です 島式ホームの中間部から連絡通路があり、橋を越えた1階面に改札口があります 舞洲などへ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more